Tel.029-232-0011

更年期相談・思春期相談

更年期障害について

女性は30代後半から女性ホルモンのエストロゲンが徐々に減少してきます。そして50歳前後で閉経を迎えますが、閉経を挟んだ約45~55歳頃までの約10年間を更年期と呼んでいます。更年期には女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、体がその変化に対応し切れず、様々な不調を招きがちです。このような変化は全ての方に起こりますが、個人差が非常に大きく、特段の不調を感じない方から、非常に強くて日常生活に差し支えるような障害が見られる方までいらっしゃいます。

更年期障害の方は当クリニックにご相談ください

当クリニックでは、更年期障害の治療やケアを行っています。漢方薬、プラセンタ注射療法、ホルモン補充療法等で症状を軽くすることが出来ますので、更年期障害でお悩みの方は、是非ご相談にいらしてください。

更年期障害の主な症状

  • 月経異常が続いている
  • 特に熱くない部屋にいても、突然、顔に汗をかいたり、身体が熱くなる。
  • 汗をかいたり、のぼせたりしやすくなった
  • 手足が冷えやすくなった
  • 肩こりがひどい
  • 疲れやすくなった
  • イライラして周囲にあたってしまう。
  • 何となく不安な気持ちになり落ち込むことが増えた
  • 眠れなくなった
  • めまいがする
  • 動悸がする
など

別の病気が隠れていることも

更年期によく見られる症状が起こっているからと言って、必ずしも更年期障害によるものとは限りません。更年期には多種多様な不調が現れるため、別の病気が隠れていても、「更年期のせいだろう」と思い込み、重篤な疾患の兆候を見逃してしまうこともあります。糖尿病、高血圧、心疾患、貧血、甲状腺疾患、悪性腫瘍、うつ病などが潜んでいる可能性もありますので、すべて更年期で片づけることなく、それぞれの専門医にまずはご相談なさるようお勧めいたします。

思春期について

満10歳から18歳ごろの時期は子どもから大人への過渡期である思春期であり、第2次性徴が始まったり、性差の違いやホルモン変化に伴う心身の変化が顕著になってきます。心理的な自我の目覚め、アイデンティティの確立など、複雑な発達課題に直面する時期でもあります。そのため、体も心も劇的な変化にさらされ、自分だけではどうにもコントロールできないような心身の問題が少なからず生じてきがちです。月経に関することもその一つです。

早発月経・遅発月経

10歳未満で初経が始まることをいい、それに加え、乳房発達が7歳未満から始まり、9歳未満で恥毛の発毛が始まる場合を早発思春期といいます。原因検索ののち、よくみられる特発性虫垂性思春期早発症の治療は通常、注射による治療でおおむね4週間に一回の治療を行います。
一方、15歳以上で初経が起こるものを遅発月経といい、それに加え、11歳になっても乳房発育が始まらず、13歳になっても恥毛の発毛が始まらない場合を遅発思春期といいます。

原発性無月経・続発性無月経

無月経は、月経が来ないことと定義されますが、定義上は18歳まで月経がこない原発性無月経と月経が来ていたが、90日以上にわたって月経が来ない状態、続発性無月経があります。それぞれに原因がありますが、特に原発性無月経については染色体異常、性器の解剖学的異常などの特有の疾患が存在することもあるために、単なる月経不順と捉えるのではなく、受診していただく必要があります。無月経では、多岐にわたる原因が考えられるために、きちんと原因を検索し、無月経の状態を長期間放置しないように早めに受診し、必要に応じた治療を行いましょう。また、臨床の現場では乳房発育などの第2次性徴が正常にあるにも関わらず満15歳まに初経発来しないものは、原発性無月経と考え、検査や治療の対象と言われています。

当クリニックでは思春期相談を行っています

当クリニックの思春期相談では、思春期に婦人科特有のデリケートなお悩みのご相談に応じております。ご本人やご家族の気持ちを大切にしながら診療いたしますので、ご安心してご受診ください。なお、保護者の方もご一緒に相談を受けていただけます。

ひろこレディースクリニック

Web受付はこちら

診療科目

婦人科・産科

院長

福地 弘子

アクセス

水戸駅北口直結(旧丸井ビル)
●土曜日診療:9:00~14:00
★受付終了時間は診療時間の30分前までとなっております。
★休診日:木曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
★待ち時間をより少なくするため、三密をさけるために【予約診療】をお勧めしております。
★初診・再診ともに【Web予約】または【電話予約】をお勧めします。
診療時間
09:00~12:00
15:00~19:00