Tel.029-232-0011

避妊相談・緊急避妊・月経移動

避妊相談を行っています

当クリニックでは、避妊についての相談に応じています。低用量ピルの服用だけでなく、緊急避妊や月経移動のためのピル処方も行っておりますので、お気軽にご相談してください。

緊急避妊について

避妊をしないでセックスしてしまった時、また、避妊目的でコンドームを着装したけれど、性行為中に破けてしまった時、コンドームに同意を得られない性交渉をしてしまった時など、妊娠する可能性があるが、妊娠を希望されない方は妊娠を防止する方法を考えなければなりません。こうした場合に行われる最も一般的な方法が緊急避妊ピルの服用です。

緊急避妊ピルは黄体ホルモンの成分が含まれている薬剤です。避妊がうまくいかないセックスが行われた後、72時間以内に、しかも出来るだけ速やかに所要量のピルを服用します。緊急避妊ピルを事後的に服用することにより、排卵を抑制したり、受精を妨げるなどの作用が起こるのです。

但し、いったん着床してしまい、妊娠が成立しまうと緊急避妊ピルは効果がなくなります。そのため、緊急避妊ピルの服用時期はセックスが行われた72時間以内に服用しなければならないのです。

当院では1回服用のノルレボ錠を自費にて処方しております。

緊急避妊ピルの効果

緊急避妊ピルには妊娠を防止する効果がありますが、100%上手くいくという訳にはいきません。正しく服用した場合でも、約2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。緊急避妊ピルが頻繁に使用されたとしても、低用量ピルを避妊目的で継続的に使用している女性に比べれば、妊娠率はかなり高くなってしまいます。したがって、この方法は低用量ピルの代用とはなり得ないとご理解ください。

また、緊急避妊ピルが本当に効いたかどうかは服用後すぐにはわかりません。数日ないし数週間後に月経が来て初めてわかるわけです。もし、予定月経が一週間以上遅れた場合は妊娠検査薬で妊娠の可否をご確認ください。

月経移動について

旅行やスポーツ大会、結婚式や試験などの行事が月経と重なってしまうと、温泉に入れなかったり、煩わしい気分になったり、競技大会で本来の力を発揮出せないこともあります。このように、月経の予定日に何らかの特別な用事があるため、月経を何日か移動させたいと考えた方は、当クリニックにて月経移動のための処方を行うことが出来ます。直前になると対応が難しくなるので、月経日の移動を希望されえる方は、お早めにご相談ください。

月経を遅らせる方法

次回月経予定日のおよそ5日前から中容量ピルを飲み始め、月経を避けたい日まで1日1錠を服用します。ピルを飲んでいる間は月経が来ません。そして、飲み終えてから2~3日で月経が来ます。なお、月経日を変えたからといって、その後の月経周期まで狂ってしまうようなことはありません。

月経を早める方法

月経が始まってから5日目頃から、中容量ピルを服用し始めます。最低でも10日間以上内服し飲み終えてから2~3日で、いつもより少ない量の月経が来ます。この方法では月経を避けたい日にはピルを飲まなくてよいのですが、早めに飲み始める必要があります。ずらしたい月経の一つ前の月経が来るその前にご相談ください。

内服の注意点

中用量ピルは副作用として、嘔気や胃部不快感などを認めることがあります。制吐剤との併用も可能です。治療費は原則自費診療となります。

ひろこレディースクリニック

Web受付はこちら

診療科目

婦人科・産科

院長

福地 弘子

アクセス

水戸駅北口直結(旧丸井ビル)
●土曜日診療:9:00~14:00
★受付終了時間は診療時間の30分前までとなっております。
★休診日:木曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
★待ち時間をより少なくするため、三密をさけるために【予約診療】をお勧めしております。
★初診・再診ともに【Web予約】または【電話予約】をお勧めします。
診療時間
09:00~12:00
15:00~19:00